2010年12月2日にセル及びレンタルが開始された往年の名作のリメイク版「プリズナーNo.6」のDVD-BOX発売記念イベントのトークショー&試写会が都内で催されました。

そのイベントに、作品内に登場する「ヴィレッジ」の名誉村民に選ばれたグラビアJAPAN2010「ミス週刊ヤングジャンプ」の荻野可鈴ちゃんが登場しました。

line

可鈴ちゃんが現れると会場からは割れんばかりの拍手が。なんと可鈴ちゃんは超キュートなヘソ出しルックで登場です。
トーク開始から可鈴ワールド全開で司会者や観客を圧倒。

作品に対しては見始めたら止まらなくなったとのことで全6話を一気に鑑賞したとのこと。
作品で印象に残った部分は、現実から夢に飛んでいくところが気に入ったとのこと。また出演者ではやはり主人公が魅力的だったと話していました。

line

もし「ヴィレッジ」に突然送り込まれた時に一つだけ持っていくとしたらという質問には、自身の出身地である山梨名産の「ほうとう」を持っていって友達を作る、でも自分は苦手なかぼちゃが入っているからほうとうは嫌いとのこと。

また好きな数字はという質問には、自分の出席番号は「6」なんですと答えつつも、好きな数字は「4」と答えたり、会場を沸かせていた。
なおこの模様はユーストリームで生中継もされました。

line

本作品は1960年代に英でTVシリーズ化され日本やアメリカの多くのクリエイターに大きな影響を与えたとされる「プリズナーNO.6」のリメイク版で、「ヴィレッジ」と呼ばれる孤立した町で目を覚ました男(ジム・カヴィーゼル)を主人公として全6話のミニシリーズとなっている。

この町では、人々はお互いを数字で呼びあい、主人公は「No. 6」と呼ばれる。。「一体、ヴィレッジとは、どこなのか?」「何故、皆、数字で呼ばれているのか?」自らのアイデンティティを求め、監視の目から逃れようと、もがく様をサスペンスフルに描いている。

 

プリズナー No.6 DVD-BOX
発売元:フジテレビジョン・ポニーキャニオン
品番:PCBG-61483
価格:¥7,800(本体)+税
2009年/イギリス

【スタッフ】
脚本:ビル・ギャラガー
監督:ニック・ハラン

【キャスト】
NO.6:ジム・カヴィーゼル「パッション」「unknown/アンノウン」
NO.2:イアン・マッケラン「X-MEN」「ロード・オブ・ザ・リング」
NO.313:ルース・ウイルソン
NO.4-15:ヘイリー・アトウェル
NO.M2:レイチェル・ブレイク
NO.11-12:ジェイミー・キャンベル・バウアー
NO.147:レニー・ジェームズ